【PTA文化部】PTAクリスマス礼拝報告

主の御名を賛美いたします。

新しい年2015年を迎えました。皆様お元気にお過ごしでしょうか?
さる12月13日に行なわれたPTAクリスマス礼拝のご報告をいたします。

55回目を迎えた今年の礼拝には、受験生親子の方々88組、後援会・在校生保護者の方々を含め464名と沢山の皆様がお越しくだり、先生がたと生徒さんを加えると約600名で女子聖学院が主と仰ぐイエス・キリストのご降誕をお祝いすることができました。

第1部は、チャプレン高橋恵一郎先生から「すべてが甦るとき」という題で

イエス様を人類で初めてお迎えした母マリアの姿を通したクリスマスにふさわしいメッセージをしていただきました。礼拝が初めてという方にもわかりやすく、スッと心に入ってくるようなメッセージでした。

また、PTA同好会ハンドベル部とコールママンによる清らかな賛美奉献が行なわれ、キャンドルの灯りを見つめながら心にも温かな灯火をつけるひとときを過ごせたのではないでしょうか。

この礼拝を通して、本当のクリスマスの意味を少しでも知って頂けたら幸せに存じます。

今年の第2部は、女子聖の乙女達による素敵なクリスマスコンサートでした。コーラス部の息の合った初々しいハーモニー、吹奏楽部は重厚な曲「ラッ キードラゴン」からスタートし、軽快なクリスマスナンバーを演奏した後は、いよいよ両部のコラボレーション「ジョイフルジョイフル」。女子聖学院の特徴で ある6色のネクタイがちりばめられ、生き生きと歌いダンスする姿に私たち保護者は胸を熱くさせられました。

吹奏楽部のコーチが映画の主人公に扮装したり、サンタやトナカイの格好をした生徒さん達が受験生親子にプレゼントを渡したり…乙女達のサプライズに会場中の皆さんが笑顔いっぱいになりました。当日の写真からその雰囲気を分かち合えたらと思います。

また、皆様からお預かりしました献金207,100円は、半額ずつ「釜石支援センター望」「日本基督教団新生釜石教会」にお送りいたしました。尊い捧げものに感謝申し上げます。

礼拝開始前や終了後にホワイエでは事業部さんによる「ミニバザー」が行なわれ、女子聖グッズやクリスマスグッズをお買い求めになる受験生親子の皆様に大好評だったことも忘れずに御報告いたします。

最後に、実行委員会三役と各部・パパプロ・同好会の皆様に支えられ今年も神様の祝福のうちにクリスマス礼拝を終了することができました事を、文化部一同心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

Img_2255

Img_2293

お土産にはリンゴ味のマドレーヌをどうぞ

毎年好評の事業部によるミニバザー

Img_2407

Img_2444

同好会ハンドベル部による賛美奉献

チャペルにキャンドルの灯が広がります

Img_2476

Img_2600

キャンドルサービス

聖歌隊コールママンによる賛美奉献

Img_2622

Img_2644

心を合わせて歌います

高橋先生によるメッセージ

Img_2752

Img_2898

たくさんの皆様と礼拝を守りました

コーラス部による賛美

Img_2974

Img_3011

吹奏楽部による重厚な演奏

可愛いサンタさんが受験生にプレゼントを配ります

Img_3039

Img_3099

クリスマスナンバーに合わせてダンス!

コラボで楽しく!「ジョイフルジョイフル」

Img_3201

Img_3359b

田部井校長先生のご挨拶

皆さんで今年も佳いクリスマス礼拝をつくりあげました

ページの先頭に戻る