【翠耀会】2016年1月 会長挨拶

翠耀会員の皆様

 2016年、新しい年を迎えました。会員の皆様にはお健やかにお過ごしでいらっしゃることと存じます。

 この冬は暖冬とのことで早くもウメやロウバイ、スイセンの開花も告げられていたところ、急に冬将軍が頑張って東京に初雪などがもたらされました。気温変動についていくのが大変ですが、皆様ご自愛くださいませ。去る12月19日には、例年通り「卒業生と祝うクリスマス」が母校チャペルで行われました。田頭先生の力強い奨励によってクリスマス礼拝を捧げ、第2部では生徒たちの演奏が披露されました。ハンドベルの爽やかな鐘の音、若い澄んだ歌声でコーラス部がクリスマスソングを披露し、吹奏楽部の圧倒的な演奏を聴かせていただきました。高7有志の方々も、今年もお元気で黒人霊歌などを聴かせてくださいました。最後に吹奏楽の伴奏で「もろびとこぞりて」を全員で合唱し、正門のクリスマスイルミネーションに送られて、身も心も温かさに満たされ帰宅いたしました。今年は土曜日午後であったことも幸いして、若い卒業生が大勢来てくださいました。間もなく母校は入試を迎えます。少子化に伴いご苦労されているようです。私たちが受けたあの女子聖学院の教育は、今もずっと続いています。お嬢様がいらっしゃる方、ぜひ親子で女子聖の卒業生になりましょう。お知り合いにお嬢様がいらっしゃる方などに女子聖学院をご紹介くださいませ。

 昨年11月10日に40年以上女子聖購買部でお働きくださり、副会長をはじめ役員をずっと務めていてくださった富田ふささんが急逝されました。購買のおばさんとして多くの生徒、卒業生から親しまれ、中には服装などでご注意をいただいた方もあるかもしれません。その富田さんを偲ぶ会を別紙のように行いますので、是非ご出席ください。

会長  大野 碧

ページの先頭に戻る