英語教育

英語教育について

女子聖学院の英語教育は、語るべき言葉を持ち、そしてそれを英語で表現できる力を養うことを目的としています。
単に英語の知識を増やすことだけに注力するのではなく、「何のために英語を勉強するのか」、「今学習している内容は実際にはどうやって使えばいいのか」ということを中学生の段階から常に意識させることによって、「使うために学ぶ」「使えるようになる学び方をする」という考え方が、生徒に芽生えはじめます。

そのため女子聖学院では、日々の英語の授業に加え、国際理解教育プログラムを設けています。このプログラムは、学年ごとに行われる3~4日間の英語集中プログラムで、10人に1人のネイティブ講師がつき、積極的な英語のアウトプットの機会がふんだんに設けられています。また、希望者による各種の海外研修プログラムや、海外国立州立24大学指定校推薦制度など、さらなる経験の場も用意されています。

教科教育
中学英語教育
高校英語教育
  • 国際理解教育プログラム(学年型)
  • 海外プログラム(希望者)

ページの先頭に戻る