教科教育

技術家庭

授業トピック

中1の家庭科では調理実習や夏休みの宿題として「1日の食事作り」があります。調理実習を通して、班の人々との協力は不可欠であり、食材の切り方や扱い方を学び生きる力を養います。また「1日の食事作り」では食事を共にする家族の事を考慮しながら作りますので他者への思いを育みます。

技術家庭せいこっち1

編み物を通して、創作する喜びを体験します。

技術家庭せいこっち2
ファッションショー画像

家庭科の集大成として高Ⅲ選択被服では、記念祭でファションショーを行ないます。

教科目標と6年間の流れ

教科目標 1. 衣食住などに関する実践的・体験的な学習活動を通して、生活の自立に必要な基礎的な知識及び技術を習得します。
2. これからの日常生活において興味・関心を持ち、心豊かな生活を作っていく女性になれるようにします。
3. 授業ではより多くの実習・製作を行います。
4. 便利さだけを追求していくのではなく、今あるものでどのように生活していくか、自分で創意工夫して生きる力を身につけます。
6年間の流れ 段階目標 内容
食物 被服 その他の領域
中学1年 基本的技術を身につける 栄養、調理の
基礎・基本。
調理実習
ミシンの基礎
(エプロン製作)。
手芸(かぎ針編み)
中学2年 基本的技術を身につけたことを
活かし、応用する
食品の選び方。
調理実習
スカート製作。
手芸(刺繍)
中学3年 他者を思いやる 家族、保育、消費
生活、情報社会
高校I年 自立・共生・創造 栄養学。調理実習 高齢者の生活と
福祉
高校II年 発展 (選択)調理の応用 (選択)被服の応用
高校III年 集大成 (選択)調理の応用 (選択)被服の応用

科目一覧

中1中2中3高I高II高III

ページの先頭に戻る